OKサンサン blog

先ずは、今の困った状況を記録していきます。同じように困った境遇の方が読んでくれると嬉しいです。その他の方も歓迎です。それから会社の同僚達がいつか気づいてくれるかも幾分期待。

衝撃の降格人事・その12(姑息な操作じゃん!)

2018年7月22日(日)の記録

 

本日も7月20日(金)に行われた人事の管理職Siさん(社長・So役員の伝書鳩

との面談について補足しておきたいことがある。

 

 それは、改めて提示された辞令に記載の等級「P302」のこと。

 

 上司のOさんとの面談で聞いていた等級「P305」から、

 3段階ランク下げてんじゃん!

 

 P302とP305との差額は9千円に過ぎないが。

 

 ホントにやることがセコイ!!

 

 姑息な操作がバレちゃうんだよね。

 

 社長はそこまで姑息な人ではない。(と、信じたい。)

 真の張本人は、例の管理部門責任者So役員だろうね。。。

 

 でも、なんて嫌われたモノタロウ。

 

 彼とは1年近く会っていないし(本社におらず時々来る程度。サテライトオフィス

 務)、ほぼ没交渉なのに。

 

 そこまで目の敵にされる理由はナンダロウ。

 

 彼の最近のメインターゲットは、今回降職扱いを受けた自部門所属の2名である  

 ことは間違いないだろう。

 

 何故に俺まで~ って思いだよ。(サブターゲットなのか?)

 嫌な感じ。

 

 そこまで憎まれることもないハズだが。。。

 ここで、上司Oさんの言葉を今思い出した。

 

 所属していた意にそぐわない部下が、他部署へ移って活躍しているのを

 見ると。

 そりゃぁ、人間なので悔しいって気持ちには私もなりますよ。

 

 ただね、そこはもう少し大人になって、しかも役員なのだからそのような個人

 的な感情は抑えてもらわないと困ると思っているのですがね。。。

 

 この文面でいう「意にそぐわない部下」のことがもしや俺のこと⁉

 

 Oさんとの面談時にはよく気づかなかったけど、

 

 今思い返すと「活躍」ってとこまで

 評価してもらえているのはとってもとっても嬉し~い!

 

 So役員の標的になるのは避けたいものだが、Oさんと築けた信頼関係はとても

 素晴らしいものだなぁ!!

 

 そのことには大感謝!!

 

 

読んでくれてありがとうございます。
次回につづきます。

全くもって困った状況。。。

 

それでも、Oさんとの関係性は有難い。

 

そんなこんなで。
まっ。今日のトコはとりあえずOK。太陽のようにサンサン。